マツダ RX-8の生産を来夏に終了! 最後の特別仕様車「SPIRIT R」を11月発売!

RX-8の生産を2012年6月で終了 最後の特別仕様車「SPIRIT R」を1,000台限定で販売

マツダRX-8 SPIRIT R(6MT車)
最後の特別仕様車 マツダRX-8 SPIRIT R

 

マツダを代表する技術「ロータリーエンジン」

現在ロータリーエンジンを搭載した唯一の販売車である「マツダ RX-8」が、なんと2012年6月をもって生産終了になるそうです。

ロードスターの特別仕様車も登場し、マツダのスポーツカーもまだまだこれから!と思っていた矢先のニュース。とても驚きました。

 

11月24日には、最後の特別仕様車となる「SPIRIT R」を1,000台限定(予定)で販売するとの事です。

「SPIRIT R」販売後はグレードも縮小

「RX-8 SPIRIT R」は「RX-8 Type RS」(6MT車)および「RX-8 Type E」(6EC-AT車)をベースとし、専用シートや専用塗装アルミホイールなどを設定。

「マツダ RX-7」の最後の限定車にも採用された「SPIRIT R」の名称を使用するに相応しいデザインを演出しているとの事なのですが、この「RX-8 SPIRIT R」発売後はラインアップを一気に縮小。

生産終了までのラインナップは「SPIRIT R」と「Type G」(6EC-AT車)のみとなります。

ロータリーエンジンの開発は継続

今回の生産終了で一旦市販のロータリーエンジン搭載車が途切れる事となります。

 

ただ、マツダは今後もロータリーエンジンの研究・開発を継続しするとの事。ニュースリリース公式Facebookページで、ロータリーエンジン研究・開発についての力強いメッセージを掲載しています。

 

以下はマツダ公式Facebookページからのメッセージ(引用)です。

「ロータリーを止めちゃうのか・・・・と思われるかもしれません。でもそんなことはありません!RX-8の生産は来夏に終了しますが、これはロータリーエンジンの終わりではありません。
ロータリーエンジンは、飽くなき挑戦を続けるマツダのかけがえのない魂のひとつなのです。今後も引き続いて研究・開発を続けていきます。
これからもロータリーエンジンとマツダを応援していただければ嬉しいです。」

 

環境対策や燃費・安全性等、様々な問題はあるかと思いますが、一日も早いロータリーエンジン搭載車の復活を期待したいですね。

 

RX-8生産終了案内及び「SPIRIT R」の紹介はこちら(ニュースリリース)

マツダのロータリーエンジンについての紹介コンテンツ

▲このページのトップへ