マツダ越(KOERU)公式フォトギャラリー

クロスオーバーコンセプトモデル マツダ越(KOERU)の公式写真・スケッチ・仕様等を公開!

越(KOERU)ロゴ
越(KOERU)ロゴ

「2015年フランクフルトモーターショー」において世界初公開された、マツダのクロスオーバーコンセプトモデル「マツダ越(KOERU)」。

 

今回は公式資料より、エクステリア写真及びイメージスケッチ、さらにモーターショーでの写真を公開!

進化し続ける魂動デザインをご覧ください。

※写真内の解説文は、公式資料より引用しております。


マツダ越(KOERU)
マツダ越(KOERU)

エクステリア

“生命感”と“品格”の表現による「魂動」の進化

【公式資料より】

デザインについては、野生動物のような力強い生命感とともに、研ぎ澄まされた品格を表現することによって、見るものを圧倒するプロポーションと日本的な奥行きのある造形の創造に取り組み、「魂動」表現の進化を図っています。

存在感を増したシグネチャーウイングは強い意志を、奥行きと厚みのあるLED導光リングを採用したヘッドランプは生命力に満ちた瞳を表現しています。

タイトなキャノピーと抑揚のあるボディが織り成す、スピード感のあるボリュームの動きが、既存のクロスオーバーとは異なる独特な存在感を生み出しています。また、前後フェンダーから大径タイヤに向かって伸びるハイライトが、地面を蹴る力強さを想起させます。

デザインスケッチ

フランクフルトモーターショー マツダ越(KOERU)フォトギャラリー

Thomas Niedermüller/Getty Images for Mazda Motor Co.

マツダ越 KOERU マツダが提案する新しいクロスオーバー

【公式資料より】

「マツダ越 KOERU」は、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」およびデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用しながら、スポーティで洗練されたスタイリング・走りを実現したクロスオーバー車であり、成長著しいクロスオーバー市場に向けたマツダの新提案です。

「越 KOERU」という名前には、「既存の概念や枠組みを『越える』価値を提供したい」という思いが込められています。マツダの新世代商品の最新形として、力強い生命力とともに洗練の度合いを深めたスタイリングをもつ「マツダ越KOERU」は、先鋭的な価値観をもつお客様に向けたクロスオーバー車であり、「走る歓び」を究めようとするマツダの挑戦を体現するクルマです。

【主要寸法・搭載技術】

  • 乗車定員
    5名
  • 全長 × 全幅 × 全高
    4,600 × 1,900 × 1,500 mm
  • ホイールベース
    2,700 mm
  • 主要搭載技術
    i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)
    Mazda Connect(マツダコネクト)
  • タイヤ
    265/45R21

▲このページのトップへ