This is Mazda Design. CAR as ART フォトギャラリー

東京ミッドタウンで開催された「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015」に出展された「This is Mazda Design. CAR as ART」のフォトギャラリーです

東京ミッドタウンで10月16日から10月25日まで開催された「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015」。

キャノピー・スクエアにて展示されていた「This is Mazda Design. CAR as ART」のフォトギャラリーをミニレポートと共にお届けします。

展示会場・展示車両

展示会場
展示会場

終了間近のため人は少なめ。それでもキャノピー・スクエアに浮かび上がるマツダブースはとても印象的でした。

マツダの「作品」としてCX-3とロードスターが展示され、時間帯もあってか、コンパニオンの方が熱心にロードスターについてマツダの方に質問していました。

展示作品

Sofa by KODO concept
Sofa by KODO concept

Sofa by KODO conceptはマツダヨーロッパのデザイナーとミラノ在住の日本人クリエイティブディレクターSetsu & Shinobu Ito、そしてミラノの家具職人の魂動哲学が協働して生み出された「クラフトマンシップが融合した」ソファです。

とてもステキなデザインですが、4~5人座れるんじゃないかと思うくらいとにかく大きい!コンパニオンさんのお話によると、この展示を最後に本社に保管されるとの事でした。

ソファの他に「Bike by KODO concept」「金城一国斎作 卵殻彫漆箱『白糸』」「玉川堂による鎚起銅器『魂銅器』」も展示され、マツダのデザイン哲学を感じる事ができました。

▲このページのトップへ