アクセラスポーツ(i-stop)試乗レポート(その2)

いよいよ運転してみます!

マツダアクセラ
i-stopの実力やいかに?

前回から間があきましたが、試乗レポートの続きを。

 

 

早速運転席に乗り込こんでみます。

シートは体を包み込むようにホールドしてくれ、

長距離のドライブも快適に行えそうです。

 

各メータが独立しているコンソールは、ちょっとやりすぎかな?

という感じもしますが、マツダのコンセプトである「スポーティ」を

しっかり表現していて、「車を操縦するぞ!」という気持ちを高めてくれます。

 

それでは、運転開始!

先代よりも少し大きくなったとの事ですが、

運転した感じだとそこまでの差は感じませんでした。

サイドミラーが大きくなったこともあり、

視界もそんなに悪くなさそうです・・・。

と言いたいのですが、正直後方の視界はちょっと悪いかも

 

運転感覚は「適度にスポーティ」といった感じで、

サスは固めですが路面の衝撃も気にならず、

それでいて加速やハンドリングは十分楽しめます。

これなら家族での利用にも最適かと。

 

と運転していると、メーター内で「i-stop」のランプが。

同乗した営業の方いわく、

「エンジン・ハンドル等の条件がすべてそろって、初めて

i-stopが使用可能になる。」とのこと。

うーん、確かにイザ!という時にエンジンがかからないと

大変ですもんね。

 

と、言う間に車は交差点でストップ。

すると。

「おぉっ!エンジンが止まった!」

エンジンがかかっていても静かな車内ですが、

エンジンが止まってさらに静かに!

 

信号が変わってブレーキを離すと、瞬時にエンジンが再始動し

スムーズにスタートしました。

最初のうちはエンジンが止まるたびにちょっとドキッとしましたが、

慣れるととても快適です。

「あぁ、地球(とオサイフ)に貢献してるなぁ~」なんて思えてきちゃいます。

 

その他にも、燃費やエンジン停止時間がすぐに確認できる

モニター、左右で温度調整が可能なエアコン、十分な収納スペース等、

充実の装備で「地球とオサイフにやさしく、スポーティ」な

アクセラスポーツ(i-stop)

 

これまで次買い換えるときはデミオのスポルトにしようと思っていましたが、

この車も候補に入れてみようかと。

もちろん同クラスの車で購入をご検討の方にはオススメですよ!

 

▲このページのトップへ