「日本(日本語)はカッコいい?」マツダ台湾のブランドサイト CM動画

マツダの車づくりに対する信念について紹介されているのですが・・・

マツダ台湾ブランドサイト
マツダ台湾のブランドサイトトップ「ZOOM-ZOOM」や「人馬一体」など 日本でもおなじみの情報も掲載されています

マツダ台湾のブランドページ「品牌專區(直訳すると、ブランドのエリア)」には、マツダの車づくりに対するポリシーやこだわりが掲載されています。「ZOOM-ZOOM」や「人馬一体」など、日本でもおなじみの内容もありますね。

文章やムービーに日本語が

このサイトのページでは、文章やムービーに度々日本語が登場します。

台湾マツダ公式YouTubeにも同じムービーが公開されていましたので下にご紹介しますね。

ナレーションがちょっとたどたどしいのはご愛敬、といったところでしょうか。

(2015年8月時点、マツダ台湾様のYoutube動画が全て削除された関係で、残念ながら動画を閲覧する事ができません。記事については継続して掲載しています。)

以前紹介した「Mazda2”Genki(元気)”」の様に、海外のマツダ車には度々「日本語モデル」が登場しています。

マツダ台湾ではよりブランドイメージとして「日本」を前面に押し出していますね。

 

テレビCM等でも、ナレーション・セリフに至るまで全て日本語を用いたものが放送されている様です(もちろんそれ以外のパターンもある様ですが)


私たちが外国語に「かっこよさ」を感じるように、台湾や海外の方も「日本」や「日本語」に「かっこよさ」を感じているのかもしれませんね。

 

CMや車名など、マツダ車を知るきっかけは日本語等への「かっこよさ」からかもしれませんが、一度マツダ車に乗れば、言葉を超えた「走る喜び」の虜になるハズ!

「ZOOM-ZOOM」は世界共通の合言葉です!

▲このページのトップへ