サステイナブルZoom-Zoomフォーラム2013in横浜 参加レポート(その1)

2013年3月3日にマツダR&Dセンター横浜で開催された「サステイナブルZoom-Zoomフォーラム2013in横浜」に参加してきました!

まだ寒さが残る富山県から電車を乗り継ぎ(途中強風による車内閉じ込めにも遭い・・・)。「気合いの前日入り」で行ってきました「サステイナブルZoom-Zoomフォーラム2013in横浜」。

 

定員の倍の応募があり抽選となったフォーラムの様子を、レポートと写真でたっぷりお届けします。

越後湯沢駅
北陸線から新幹線へ乗り換える「越後湯沢駅」のホーム 管理人の住んでいるところはほとんど雪がないのですが、新潟地方は雪がどっさり!

参加前日に、トップページイラストをご提供頂いている「ハシモトスズ様」にお会いしてきました

開催日前日に、いつもトップページイラストでお世話になっているイラストレーターの「ハシモトスズ」様にお会いしてきました。なんと実際にお会いするのは今回が初めてです。

一見草食系男子に見えて、絵に対する情熱はとことん「熱い」スズさん。

とても楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

スズさん、これからも宜しくお願いしますね^^

ハシモトスズ様ウェブサイト「スズノヘヤ」のご案内

これまでスズ様に描いて頂いたトップページイラスト。イラストギャラリーページでも見る事が出来ます。

クリックで「スズノヘヤ」に移動します
クリックで「スズノヘヤ」に移動します

スズ様の運営するウェブサイト「スズノヘヤ」では、オリジナルイラストを中心としたステキなイラストが沢山展示されています。またイラストのお仕事も募集中との事!ぜひご覧ください!

ハシモトスズ様名刺
スズ様からステキな名刺を頂きました!(カフェで撮影したので影が映っちゃってます・・・)

いよいよフォーラム当日!

ハシモトスズ様とお会いした翌日は、いよいよフォーラム当日!天気はちょっと曇り空ですが、雨なども降らずひと安心。

朝9時からというちょっと早めの開催時間に間に合うよう急ぎ足で歩く先には・・・

見えました「MAZDA」ロゴ!開催地の「マツダR&Dセンター」です。

 

そこに見えるはマツダR&Dセンター!
そこに見えるはマツダR&Dセンター!

館内ではステキなマツダ車がお出迎え!見覚えのある場所も

マツダR&Dセンター横浜
マツダR&Dセンター横浜のエントランスホール ロードスターMZ Racing2013をはじめ、コスモスポーツ等のマツダ車がお出迎え。解放感あるガラスの向こうには、落ち着いた佇まいの中庭が。リゾートホテルのようなおしゃれな雰囲気です。

入口を通ると左手にはエントランスホールが。ロードスターMZ Racing2013をはじめ、コスモスポーツ等のマツダ車がお出迎え。

解放感あるガラスの向こうには、落ち着いた佇まいの中庭が。まるでリゾートホテルのようなおしゃれな雰囲気です。カフェとして営業しちゃってもいいのに・・・なんて思っちゃいました。手続きを済ませた後、案内されフォーラム会場に向かいます。

どこかで見た事がある気がした中庭は 雑誌の撮影で使われていました

窓から見える中庭、どこかで見た事あるな~と思ったら、三栄書房から発売されている新型デミオのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)でスカイアクティブデミオが撮影されている場所でした。

雑誌で見た場所に来る事が出来て、ちょっと嬉しいです^^。

 

※右の画像クリックで、購入ページ(Amazon)に移動します。開発者インタビュー等も掲載された「濃い」内容。管理人は紙版はもちろん電子版(こちらはマガストアで購入できます)まで持っています^^;。オススメですよ^^。


会場に入ると 既に沢山の参加者とスタッフの皆様 そしてマツダ車やエンジンが!

フォーラム会場
会場にはスカイアクティブ搭載車をはじめ、エンジンや技術解説等の展示がズラリ!既に多くの参加者で賑わっていました。

案内された会場に入るとスタッフの皆様がお出迎え。会場内は既に多くの参加者で賑わっていました。

中では先日発売されたばかりのSKYACTIV搭載プレマシーをはじめ、CX-5やアテンザが展示。

その他SKYACTIV-G・SKYACTIV-Dをはじめ、i-ELOOPやピストン部分等の普段見る事が出来ない部品も展示されており、皆さん熱心にご覧になっていました。

フォーラムスタート!まずはスケジュール等の説明の後、フォーラムの概要とマツダの歴史について紹介

暫くするとフォーラムがスタート!

まずは今日のスケジュール説明があった後、フォーラムの概要、マツダの歴史についてお話がありました。

(ゴメンナサイ、スライド等があったのですが撮影禁止につき写真は無しです・・・。)

 

なんとマツダは今年で93歳(2013年1月30日で創立93周年)!

歴史についてのお話では、「マツダの夢は、車とあるお客様の人生に寄り添い、小さくとも存在感のあるブランドを作る事。100周年には、(ファンの皆様といっしょに)広島をマツダ車でいっぱいにしたい!」と熱く語る様子が印象的でした。

8つグループに分かれて展示や説明、そして体験会へ

歴史についてのお話の後は、AからHまでの8つのグループに分かれ、「CSR取り組みの紹介」「環境・安全技術の紹介」「安全技術体感」「技術展示説明」をグループ毎に異なる順序で見ていきます。

 

管理人はまず「CSR取り組みの紹介」「環境・安全技術の紹介」からスタート!

改めてマツダの概要

<創立93年、売上、本社の紹介(敷地の長さは約6キロ・社員はバスで移動・製品、デザイン、マーケ等多くの機能が本社に集中、住居と隣接するため、工場の民家側には窓が無い、社内橋がある、社内の交通量は1日1万台、等)>

を聞いた後は、ブランドメッセージ「Zoom-Zoom」の説明、その後マツダのCSR取り組みの概要とその中でも環境に対する取り組みが紹介され、あわせて環境・安全技術について、各担当の方から紹介がありました(ゴメンナサイ、ここも撮影禁止でした)。

 

文章だらけだとあんまりなので、紹介の際流れたムービー及び、紹介された内容に近いムービーを掲載します!

フォーラムでは、更に深い情報や裏話(i-ELOOP開発時はブレーキ担当ともめた、アテンザは発売ギリギリまで環境技術改善につとめた、レーダーの一部は元々軍用技術、等々)を聞く事が出来ました。

ブランドメッセージ「Zoom-Zoom」の説明で流れていたムービー

環境技術の説明で紹介されたi-ELOOPのムービー

※2016年10月 動画データが削除されていたため見出しのみ掲載しています。

安全技術の紹介とほぼ同内容のムービー

※2016年10月 動画データが削除されていたため見出しのみ掲載しています。

次はいよいよ安全技術を体感!

説明も終わり、次はいよいよ「安全技術体感」

説明でもあった「i-ACTIVSENSE」のうち「衝突防止・AT誤発進防止」を体験します。

が、ページが長くなったので続きは次回に!

次回はフォーラムの後半「安全技術体感」「技術展示説明」「フリートーク」の内容を掲載します。お楽しみに!

▲このページのトップへ